ダイヤモンドの4C

婚約指輪はダイヤモンドを贈るのが一般的です。
ダイヤモンドの品質は4Cで現されます。4Cとは CARAT:カラット(重量)、CUT:カット、 COLOR:カラー 、CLARITY:クラリティー (不純物の含有度)の頭文字を取ったものです。

「4C」は世界的な鑑定基準があり、ごまかしが効きません。「4C」が一致した商品は必ず同等品です。GIA(米国宝石学会)基準をベースとしたAGL(宝石鑑別団体協議会)基準で厳正に鑑定されています。具体的には、CGL(中央宝石研究所)、GAAJ(全国宝石学協会)、AGTジェム・ラボラトリー(GIA-JAPAN)、DGL(ダイヤモンド・グレーディング・ラボラトリー)、GTC(日本ジェム・テスティング・センター)などが、ダイヤモンドルースの鑑定機関として市場での信頼性が高く、良く使われています。

【Carat(カラット:重量)】
ダイヤモンドも含めて、たいていの宝石の重量はメトリック・カラットを単位として測定されます。記号「ct」で表されている数字がその石の重量を表しています。大粒の石はとても貴重です。 電子キャラット秤を使い○.○○○ctとコンマ3桁まで読み取ります。 重量単位はcaratで1ct=0.2gです。カラットの語源は昔インドでダイアモンドの計量に、何時も大きさの一定であるケラシオン (いなご豆)の実の粒を使ったのに由来しています。

【Cut(カット:形状、研磨など仕上がり)】
ブリリアント・カット(ダイヤモンド標準カット)時のプロポーションの評価です。
プロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ=シンメトリー(対称性)とポリッシュ(研磨状態))を基に総合的に決定されます。

【Color (カラー:色)】
黄色の色調の微妙な違いの評価がダイヤモンドのカラーの評価です。ダイヤモンドは純粋な炭素(C)の塊ですが、窒素(N)を不純物として含むものが多くその分黄色味を帯びてきます。一般には純粋無色なものをDカラーとし、以下E,F,G,H・・・・・・・・・・Zまで分類評価します。Zにいくほど黄色味が強くなり、評価が下がって安くなります。ABCを使わないのは、D以上のものの産出の可能性を残しているからだとも言われています。カラーの評価をする時は各鑑定機関で基準が統一された「マスター・ストーン」で比較し、微妙な色の差異を判断します。

尚、Zカラー以下のダイヤモンドやピンク、ブルー、パープル、グリーン、オレンジ等のファンシーカラーと呼ばれる様々な色調を帯びたダイヤモンドは、別の分類評価をします。通常ファンシーカラーは色の濃くて鮮やかなものが高価になります。(色によっても異なります。)通常ファンシーカラーは産出量が少なく、綺麗な物は無色のDカラーと比較してよりはるかに高価になります。エンゲージリングにメインのダイヤモンドの他にファンシーピンクのメレダイヤ(小粒のダイヤモンド)をあしらうデザインも人気があります。

【Clarity (クラリティ:透明度)】
ダイヤモンドのほとんどが内包物(包有鉱物)を含んでいます。その多さ等で等級が決まります。磨かれたダイヤモンドを専門家が10倍に拡大し検査してインクルージョン(包有物)の有無、位置、大きさ、性質、数、色を総合的に判断してクラリティーの評価は行われます。クラリティーの評価は、フローレス(FL)を最高に肉眼でインクルージョンが見えるI3まで11段階に分類されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>